ジェスチャー

    塾と家庭教師の比較

    個別指導とは学習塾で講師1人に対して生徒1人から2人を指導す...

    Readmore
    答え合わせ

    学校外でも勉強

    近年、学校以外でも勉強をする子供が増えています。それは、学校...

    Readmore
    問題を出す

    塾選びは人間力と出会い力

    塾にも個別指導や家庭教師など様々なタイプがあることは、ご承知...

    Readmore
指

個別指導の塾で行っているサービスは自習室の開放です。
定期試験が近づくと祝日に教室を開放します。
監督の講師が付いているので分からない問題もすぐに解説してもらえます。
また、保護者を交えた面談も行っているので志望校合格への助言をもらえます。
面談を通して生徒は学習へのモチベーションを上げることができます。
加えて生徒の苦手を克服できるように作られたオーダーメイドのテキストも貰えます。
家庭教師は生徒の疑問を解消するまで徹底的に指導を行います。
塾が持っていない受験の情報や豆知識を教えてもらえます。
また、生徒の学習の様子や苦手分野を逐一、報告するので保護者は安心して子供を任せられます。
個別指導のサービスは自習室の開放、面談そしてオーダーメイドテキストの発注です。
苦手分野を克服したい生徒や集中して勉強したい生徒に適しています。
一方、家庭教師のサービスは付きっきりで勉強をみること、生徒の学習の様子を保護者に伝えること、そして受験に対する豆知識を提供することです。
分からない問題を放置したくないと考える生徒に適しています。

ジェスチャー

個別指導とは学習塾で講師1人に対して生徒1人から2人を指導する方法です。
多くの塾が個別指導を導入しており、実際に指導する講師はアルバイトの学生です。
教室のリーダーの教室長は教育について勉強しています。
教室長のアドバイスを受けてアルバイトの講師が指導を行います。
授業の質は高水準ですが費用がかかります。
現場は賑やかなので落ち着いて疑問を納得するまで徹底的に指導してほしい生徒には適していません。
家庭学習の習慣が身に付いている生徒は家庭教師の指導を受ける方が効率的です。
家庭教師は講師が生徒の自宅に行き指導を行います。
生徒は通う必要がありません。
当然講師1人に対して生徒1人なので生徒の疑問が解消するまで徹底的に教えます。
プロの講師もいればアルバイトの講師もいるので授業の質はばらつきます。
更に、週に決まった日数のみの指導となるので家庭学習の習慣がついていない生徒には適していません。
友達と楽しく勉強したいという生徒は塾に通うと成績が伸びる傾向があります。

問題を出す

塾にも個別指導や家庭教師など様々なタイプがあることは、ご承知の通りであると思います。
これは、私の体験談です。
私は、近所の学習塾に通っていました。
私の成績は中の下ぐらいの平凡なもの。
高校進学のために、中学生の時に通うことになりました。
通い始めて、学習へのモチベーションも上がり、成績も少しずつ上がっていきました。
それは、もちろん勉強量も変わりましたし、勉強法も学ばせてもらったからです。
ですが、もっと大切なものを学びました。
それは、人間力と出会い力です。
先生としっかりと進学先をどこにするか話し合います。
自分の今の成績や、やりたいことがぴったりと合うところをいくつか探したり、教えてもらったりします。
そこで、パンフレットをもらったり、ホームページを見たりします。
だがそれだけで終わってはいけません。
必ず、いいなと思ったところは、遠くても足を運んでオープンキャンパスに向かいます。
紙面上だけでは伝わらない学校の様子や雰囲気を、しっかり肌で感じます。
そこでも、必ず出会いがあります。
そしてまた、自分のモチベーションアップにも繋がることでしょう。
学習をして進学のために試験を受けることは、進学のために必要なことです。
ですが、そこに少し工夫をすれば、もっと賢く進学をすることができるかもしれません。